プランも土地もデザインも大切だけど、住宅ローンもとっても大事!!


20年30年の金利を考えれば、購入する住宅の価格よりはるかに高い住宅ローンという商品を買うことになります。したがって、ここは安易に
ローンを決めてはいけません。現在の商品の特徴を把握して将来のご家族の姿を想像してベストローンをチョイスしましょう。私たちは、情報
収集から申込みまで住宅ローンのお手伝いをさ せていただきます。
   
 

●ウィズプランニングのおススメする資金計画

資金計画の基本的な考え方
資金計画を考えるとき自己資金で家づくりの全てが賄えるが理想ですが、ほとんどの方は住宅ローンを利用されます。しかしながらローンの借入額を抑えるには全額を借り入れするのではなく、親御さんや祖父祖母からの援助や借り入れは税制上のメリットもあるので、相談してみましょう。土地をローンに組み込まずに購入できれば、土地の分の繋ぎ資金や金利・手数料などが助かります。

住宅ローンの基本的な考え方
借り入れは出来るだけ長い返済期間で借り入れます。そうすれば毎月の返済額は低く抑えられますのでご家族が将来必要になる教育資金や急な出費にも影響が少ないからです。ただし返済の総額は大きくなりますので、余裕分を貯蓄してタイミングを見て繰り上げ返済を行いましょう。

住宅ローンの借り入れ金額は返済しやすいプランを立てる
住宅ローンを利用して家を建てる場合、借り入れ出来る額を知ることは大切ですが、毎月安心して返済できる金額を設定することが重要です。ただし、いたずらに低く設定すれば土地や家に必要な資金を掛けられず、後悔することもありますので、ご家族でバランスの良い資金計画を立てることが肝心です。

ローンでは借りられない諸経費
資金計画で忘れてならないのは諸経費です。税金や登記手数料、火災保険・ローンの保証料や手数料など住宅ローンの借り入れに含めない諸経費があります。建物価格やローンの借り入れ額が大きければ諸経費も大きな額になりますが、建物の購入・工事価格の5〜9%は必要です。これらはお客様の自己資金で支払い必要がある経費です。